気管支喘息は寒冷も関係します

我が家の子供が風邪をこじらせてしまい
気管支喘息の発作も続いております・・(/TДT)/あうぅ・・・・

インフルエンザ接種の2回目を今週中に受けなくてはならないのですが
微熱があるし大丈夫かな?!
なんとか無事受ける事が出来ますように・・・。
と、思っていたら病院の方から電話が来て
「もし、都合がつかないようなら、他の方に回してもいいでしょうか?」と。
回しました・・・。
熱が下がるかどうか解らないので。(涙

加湿器も使用して湿度も気をつけているつもりですが
加湿器の湿度は常に40%以下の我が家。
洗濯物もすぐ乾きます。
北海道ですので家に居る時はず〜っとストーブを点けているし
この環境も喘息を悪化させる環境・・・><
灯油ストーブもあまり良くないみたいだし。
この週末、某電気屋さんに行ってストーブを見て来ました!
今は、ストーブと加湿器が一体化になったストーブもあるんですね〜〜。
欲しい欲しいと欲ばかり^^;;
加湿器もスチーム出るほうがいいのかなー?!

我が家はALL絨毯なのでこれも喘息を悪化させやすいんですよね。
賃貸だし、絨毯剥がせそうにないし。
もう少し考えて物件を決めるべきだったと今更後悔。
この冬、どれだけ病院に通えばいいのかな〜と今から憂鬱です。

我が家の上の子は、喘息が悪化して入院した事も数回あるので
ちょっとの咳でも毎回ドキドキします。
成長と共に少しは頻度が落ち着いて来ましたが・・・。

気管支喘息の重症度

季節が変わり、寒い日が続くせいか
気管支喘息の発作が出ている私です。

1番冷え込む朝方になると咳もピークになるので
あまり眠れず朝を迎える毎日です。
なので、なかなか起きられない!!!!!
目覚ましが鳴っても聞こえているけれど眠くて眠くて布団から出られない毎日です。
生活に支障も出て来ています^^;
喘息発作のため、十分に睡眠が取れないので
昼間凄く眠たくてウトウトです。
こんな時は専業主婦で良かったな〜と思う瞬間です。(笑)
寝ようと思えばいつでも眠れるので^^;

しかし、子供の面倒も見なくちゃいけないし
主婦もなかなか忙しいものなのです。
そんな我が家の息子も、気管支喘息で、最近発作が酷くて
おまけに風邪も引いてしまい、鼻も詰まっているし咳も出てるしで
私以上に辛そうです。

喘息発作も、重症だと命に関わってしまうので
本当に恐ろしいです。
毎晩、息子が咳をするたびに呼吸を確認してしまいます・・・。

学生時代の先輩が、体育の授業中に軽い発作を起こし
そのまま授業を続けて、その日の夜、大きな発作が出て亡くなってしまいました。
気管支喘息でした。
そんな事があったので、きっと人一倍、気管支喘息に敏感かもしれません。
ちょっとの咳なら・・なんて思わず咳が続いたりする場合は
必ず受診するべきだと思います。

気管支喘息に使われるお薬

気管支喘息の治療で最も使われるお薬は
発作が出そうな時や発作を抑える気道を拡げる主なお薬
β2(ベーターツー)刺激剤、テオフィリン製剤などがあります。

β2は、気管支拡張剤の中でも効果が現れるのが早く
咳や発作が強い時に使用されます。
主に内服薬、吸入薬として使用されていますが
貼り薬や注射もあります。

テオフィリンは古くから気管支拡張薬として
使用されて来ました。
コーヒーやお茶に含まれるカフェインと似たような作用があります。

気道の炎症を抑え、予防するお薬は
吸入ステロイド薬、抗アレルギー薬があります。
吸入ステロイド薬の効果は気管支に入り、直接気道の粘膜を刺激するので
直接作用します。
また、薬の副作用が全身ではなく、気管支で留まるため
副作用も少なく済みます。

主な副作用は、声が枯れたり、口腔カンジタなどです。
吸入後は必ずうがいをして下さい。
うがいをきちんと行えば大丈夫です。
吸入ステロイド薬を長く使用すると、喘息発作が起こりにくくなり
発作が起こっても軽く済んだりと上手に喘息をコントロールできるようになります。

使っている薬の種類をしっかりと理解し、使用方法を守っていれば
怖いことはありません!
医師の診断通りに使えば何も問題はありません。

成人の気管支喘息

ひとり暮らしを始めた頃から、やたらと咳き込むようになり
その結果「気管支喘息」と診断されました。
小さい頃から実は、そうだったのかもしれないけど
気づかずにずっと過ごしてしました。

原因はハウスダスト・ダニ・食物アレルギー・花粉など
アレルゲンを特定できる“アトピー型喘息”と
タバコ・香水などの強い匂い・風邪などによるウィルス
急激な気温の変化などによる“非アトピー型喘息”の2種類があります。
症状は、どちらも同じ症状です。
私は全てが原因に近い体質です・・・。
小児の場合は90%が“アトピー型喘息”らしいです。

私の場合は、生理前なども、喘息発作が出たりします。

大人になってからの気管支喘息は治るのかな??
小児喘息の場合はほぼ良くなると聞きますが。
我が家は子供達二人も気管支喘息で、アレルギー持ち。
動物にも強く反応するので飼っていた犬を
実家に預けました。
子供達が生まれる前から飼っていたのですが
実家に預けたら、私の症状も随分と良くなりました。
最近、きちんとアレルギー検査を受けたのですが動物に強く反応していました。
気づかずにずっと飼っていました^^;
ペットは可愛いけれど一緒に寝たり、家の中で放し飼いにしているのは
気管支喘息持ちには危険行為ですね><

気管支喘息と自律神経

気管支喘息とはウィルス・細菌感染やアレルギー反応
過労、運動、精神的ストレス、タバコやダニ、気圧の変化などの様々な原因で
気管支に炎症が起きてしまい、呼吸が苦しくなる病気です。
小児だけではなく、成人にも見られます。
アレルギー体質の方じゃなくても喘息になる事はあります。
小児では2:1で男の子に多く、大人では10代〜30代の女性に多く見られるそうです。

ゼーゼーしたりヒューヒューという音が聞こえたりします。
それは狭くなってしまった気管支を、空気が抜けるためです。

気管支喘息はこのような症状が常にあるわけではなく
時期や、時間等で強い症状が出たりするので
昼間、病院に行っても強い症状が出てないので、ただの風邪と診断されることもあるので
診断が遅れることもあります。
夜になると症状が出やすいのは、自律神経の問題で
副交感神経が緊張しやすくなるためと言われています。
気管支が収縮しやすくなり発作が起きやすい状態になってしまうそうです。

他にも、枕や布団などにもダニが居ますので昼間浮遊したダニが落ちてきて
それを吸収するという状態になります。
ペットと一緒に寝るのも原因の場合があります。
後は、明け方の冷え込みです。
気管支は、気温が急激に下がったりすると収縮しやすくなります。
寝た時間に比べると朝方などは気温が下がっていますので
発作が起きやすい状態になります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。